手遅れということはありますか?



糖化対策まるわかりガイド~新・美白エイジングケアの常識



糖化対策まるわかりガイド » 手遅れということはありますか?

Q.40歳を超える年齢で、今まで糖化というものを知らずに生きてきましたが、今から抗糖化をしても意味はありますでしょうか?

残りの人生で今日が一番若い日。抗糖化もはじめるのに遅く過ぎるということはありません。

アンチエイジングには抗酸化対策が大事だと聞いて頑張ってきたら今度は抗糖化対策が大事だと言い出したり、 抗加齢研究も世界中の企業や研究機関が注目する研究ですから次々と新しい発見やキーワードがでてきます。

糖化は本当にここ数年の間に急にでてきたキーワードなのでおそらく世間一般にはまだ知らない人のほうが多いはずです。 なので、ある日突然、老化には糖化が影響していたと聞いて、これまでの自分のエイジングケアはなんだったんだとショックを受ける人も多いと思います。

昔、紫外線の害について何も知らず、さんざん日焼けしてから「紫外線は肌にとって悪い影響があります。」といわれた時と同じで さんざんラーメンやパスタ、ケーキや甘いものを食べた後に「過剰な糖質が肌老化をもたらす糖化の一番の原因です。」といわれても手遅れ感がありますよね。

すでに糖化の影響でシワ・たるみがでてきていたり、肌が黄ばんでいる気がするという人もいると思いますが糖化によって生成されるAGEというのは どんどん蓄積されていくものですから今から抗糖化対策をはじめても十分効果があるといえます。

また、抗糖化対策というのは何も肌老化に関係することだけではなくて、老化による健康上のトラブルすべてにかかわってくるものですから 糖尿病予防にもなりますし、動脈硬化、骨粗しょう症、アルツハイマー病、加齢黄斑変性症などの目の疾患に対する対策にもなるものなんです。

一度糖化したコラーゲンが入れ替わるのに15年かかるといわれているように肌のあらわれた糖化の症状はそう簡単に消えるわけではないのですが 糖化というものを知って今日から対策をはじめた人と手遅れだからと何もしなかった人ではやっぱり5年後、10年後に大きな差が出てくると思います。

糖化研究も日進月歩で進んでますからそのうち体内に蓄積されたAGEを除去できる成分も開発されるかもしれません。 そういう成分が効きやすいかどうかというのもやはり普段の生活習慣に左右されるのは間違いないので年齢にかかわらず 今日から抗糖化対策をはじめることが大切だと思います。

ポーラが開発した蓄積されたAGEsを除去するYACエキスについて

抗糖化、抗AGEについては今世界中の化粧品ブランドがしのぎを削って研究をしており、特効薬的なものを探しているといいます。 糖の吸収を穏やかにする成分や、糖化反応を抑える成分の研究が進められているんですね。

そんななかで糖化によって蓄積されたAGEを除去できるということをウリにしている成分が私が知っているなかで1つだけあって、 それがポーラ研究所が開発したYACエキスという成分です。

YACエキスはヨモギから抽出した成分で肌に蓄積したAGEを切断して除去する作用があるといわれています。糖の吸収をゆるやかにしたり、 糖化反応を抑制するという成分はいろいろあるんですが、蓄積されたAGEを除去できる効能をうたうのはYACエキスだけです。

このポーラ研究所が開発したYACエキスですが、ポーラの高級化粧品ブランドの「B.Aシリーズ」に有効成分として配合されています。 例えばB.AザローションSというYACエキス入りの化粧水があるんですが、120ml/2万円もします。B.Aザタブレットというサプリもあってこちらは60粒で7,350円です。

ポーラの最高級ブランドだけあってさすがに一般庶民には手がだせない価格設定です。

使える人が限られているせいか世間一般でそんなに話題になっている感じがしませんが、抗糖化用に今一番注目されているYACエキスというものがあり、 それを配合したポーラの「B.Aシリーズ」というものがあるということはぜひチェックしておいてください。