美容医療を利用した抗AGE対策



糖化対策まるわかりガイド~新・美白エイジングケアの常識



糖化対策まるわかりガイド » 美容医療を利用した抗AGE対策について

体内の糖化度を検査した後、サプリメントや点滴で抗糖化物質を補給するといった抗糖化療法を行っているクリニックがあります。

道端カレンさんも受けているAGE検査(体内糖化度検査)

自分の肌や身体の糖化ってどれだけ進んでいるんだろう?と気になる人もいると思います。

糖化によって体内に発生するAGEは実は測定することができます。 AGEリーダーという機器があり、 それを使うと採血をする必要もなく片腕をAGEリーダーに乗せて3~5分程度待てば体内の糖化レベルから老化の進み具合が測定することができるんですね。

検査は1回あたり5,000~10000円ぐらいです。日本人同年代と比べて自分の糖化がどの程度進んでいるのかがわかるので今後の抗糖化対策を おこなううえで指針となるのではないかと思います。

道端カレンさんのブログやtwitterでAGE検査(体内糖化度検査)を受けたときのことが紹介されているので気になる方はチェックしてみてください。

糖化を防ぐαリポ酸が配合された美容点滴について

美容外科や美容皮膚科には抗糖化のための治療はあるのか調べてみました。

するとあまりなくて、唯一、抗糖化対策の治療といえるものにはαリポ酸点滴があるぐらいでした。αリポ酸には糖代謝を促進する働きがあり そのためダイエット目的で利用されることもあるんですが、糖代謝を高めてくれる作用というのは抗糖化にはうってつけといえます。

そのため抗糖化治療ということでクリニックに行くならαリボ酸点滴を受けましょうということです。

αリボ酸は糖代謝を高めてくれるという以外にもビタミンC、ビタミンEの約400倍といわれる抗酸化作用があるので活性酸素の除去にも優れた働きをしてくれますし、 さらにデトックス効果もあるようで、体内の毒素や老廃物を排出してくれるなど総合的なアンチエイジングができる有効成分といえます。

抗糖化・抗酸化・デトックス効果の1石3鳥ってけっこう凄いと思います。

αリポ酸を美容目的で点滴する場合、健康保険は適用外ですがだいたい1回につき4,000円~8,000円というのが相場のような気がします。 100mgから施術できるクリニックもあるみたいですよ。